伊集院静「ミチクサ先生」(145)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/2/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「こりゃいい。ここなら気持ち良く過ごせます」

金之助は二階の窓から外景を眺め嬉(うれ)しそうに言った。

「夏目さんが松山に来たら、ここを案内してやるようノボさんが手紙に書いとったぞな」

子規の妹の律が笑って言った。

「それでも、私たちが余計なことを口にしては尋常中学の人やらに差し出がましいと思うて」

母の八重が言った。

「何をおっしゃっているのですか。あいつが、いや失敬、正岡君は私のことを一番良くわかっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]