/

この記事は会員限定です

イナイリュウ 化石消えてもいないはずない

発見者の孫、失われた記録を求めて 鈴木孝也

[有料会員限定]

イナイリュウをご存じの方はどれくらいいるだろう。1939年に宮城県登米市(旧柳津町)で化石が見つかった、日本で発見された最古の大型海生爬虫類(はちゅうるい)だ。だが化石は消失してしまい、図鑑からも削除されて文字通り「いない竜」となり、地元でさえ忘れられていった。化石の発見者は私の祖父。孫の自分にできることはないか。

化石発見から9年後、東北大学の教授らが論文を発表、化石は中生代三畳紀前期~中期の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン