朝井まかて「秘密の花壇」(27)

朝井まかて「秘密の花壇」
2020/2/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
共有
その他

一章 神の旅 11

襖(ふすま)が動いて、大吉が神妙な面持ちで入ってきた。

「兄上、お帰りくださりませ。家督はそれがしがしばしお預かりするつもりでおったものにて、かくなる上は、兄上にお戻しいたします」

「しかし」と逡巡(しゅんじゅん)すると、「ご案じ召されますな」と盛り立てるような声を出す。

「今ではそれがしも、近習(きんじゅ)の御役に就いております。市川家老の不正、横領を暴くにも、働きましてござります…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]