オタク経済圏創世記 中山淳雄著 趣味から産業へ 拡大の軌跡

読書
2020/2/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

かつてネガティブな印象があった「オタク」という用語は、現代文化を支えるファン層へと正のイメージに反転した。それはサブな趣味の領域が主流文化へと成長し、産業を形成する力を持ったことをも意味する。本書はマンガ、アニメ、ゲーム、音楽からプロレスに至るまで、オタク文化の生産と消費がいかに拡大し、グローバル化したかを、豊富な事例やデータをもとに解き明かす。

オタク産業はまず国内で成長を遂げた。低価格構造、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]