息吹 テッド・チャン著 想像が生み出す新たな理解

読書
2020/2/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界でもっともすぐれた存命のSF作家を選ぶという話になれば、テッド・チャンの名前が挙がることは間違いなく、その名はすでにSF史に刻まれている。

巧みに練り上げられた語り口、舞台や登場人物の設定などが協調して鋭い着眼点を支え、想像の限界まで発展させていく様(さま)は、余人の追随を許さない。

それは、傑作しか書かないということでもあり、必然的に寡作である。本書は、2002年に刊行された第1短編集以来…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]