/

この記事は会員限定です

科学技術 世界と闘うには(複眼)

梶田隆章氏/藤田誠氏/松本紘氏/上山隆大氏

[有料会員限定]

イノベーションの源泉となる日本の科学技術力が弱っている。国の予算は毎年4兆円規模が確保されているが、研究者の育成や革新の芽を伸ばす方向でうまく使われていないとの指摘が目立つ。世界の研究をリードし、人類の進歩やビジネスの発展にどう結びつけるか。第一線の研究者に課題と解決策を聞いた。

◇  ◇

基礎軽視、将来に禍根 東大宇宙線研究所長 梶田隆章氏

基礎研究が軽んじられている。昔と比べ、お金が最低限しかかからない研究も、今はすべて競争的資金で始める。教員が自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン