科学技術 世界と闘うには(複眼) 梶田隆章氏/藤田誠氏/松本紘氏/上山隆大氏

矢野 寿彦
時論・創論・複眼
2020/1/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

イノベーションの源泉となる日本の科学技術力が弱っている。国の予算は毎年4兆円規模が確保されているが、研究者の育成や革新の芽を伸ばす方向でうまく使われていないとの指摘が目立つ。世界の研究をリードし、人類の進歩やビジネスの発展にどう結びつけるか。第一線の研究者に課題と解決策を聞いた。

◇  ◇

■基礎軽視、将来に禍根 東大宇宙線研究所長 梶田隆章氏

基礎研究が軽んじられている。昔と比べ、お金が最低限しか…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]