春秋

春秋
2020/1/28付
保存
共有
印刷
その他

1890年秋。オスマン帝国の使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県沖で台風の直撃を受け、遭難した。荒れ狂う海に投げ出された乗組員のうち69人を串本町大島の住民が救助し、献身的に看護した。トルコはその史実を教科書に載せ、後世に語り継ぐ。

▼時は下って1985年3月。イラン・イラク戦争のさなか。各国は在イランの同胞を帰還させる救援機を急派した。が、日本政府の対応は遅れ、多数の邦人が現地に残さ…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]