/

この記事は会員限定です

プラットフォーマーと消費者(中) ヤフー・LINE、価値創造を

宮永博史 東京理科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○ヤフー・LINE統合は弱みの補完関係
○第三極というくくりには落とし穴もある
○2社は消費者に与える利点を明確化せよ

人の噂も、という習いで言えば、2019年11月18日に発表されたヤフーとLINEの経営統合は、旬を過ぎようとしている話題かもしれない。あるいは、議論が尽くされているのかもしれない。しかし、この統合(成立するかどうかは別として)は「プラットフォーム戦略」を考える上で示唆に富むケースである...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン