/

中東への自衛隊派遣とは 湾岸戦争後、多くの法整備

きょうのことば

▼中東への自衛隊派遣 政府が自衛隊を海外に派遣したのは中東地域が最初だ。中東への派遣に伴い、多くの法整備もしてきた。まず1991年の湾岸戦争の停戦後、機雷除去を目的にペルシャ湾に自衛隊を派遣した。翌92年には国連平和維持活動(PKO)への参加を可能にするPKO協力法が成立した。

2001年に米同時テロが発生すると、当時の小泉純一郎首相がいち早く米国への支持を表明した。テロ対策特措法を制定し、インド洋での多国籍軍への給油のため、海自の護衛艦や補給艦を中東に派遣した。03年にはイラク特措法を根拠に陸自をイラクに送っている。

第2次安倍政権発足後、15年には安全保障関連法が成立した。特措法を整備しなくても、他国軍への後方支援がしやすくなった。今回の中東派遣は日本船舶の安全確保が目的で、防衛省設置法の「調査・研究」を根拠にしている。ヘリコプターを搭載できる海自の護衛艦と哨戒機「P3C」がオマーン湾などを監視する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン