靴ひも ドメニコ・スタルノーネ著 平穏さの下に危うさひそむ

読書
2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

夏の旅行からようよう自宅に戻った老夫婦に、衝撃がおそう。室内がめちゃくちゃに荒らされているのだ。金目のものの被害はない。しかし家族の思い出の品々は散乱し、何より猫の姿がない!

夫は片づけの際に、かつて妻が送ってきた手紙の束を見つけ、再読する。「もしも忘れているのなら、思い出させてあげましょう。私はあなたの妻です」との辛辣な文言で始まるそれは、結婚12年目、外に若い愛人を作り、まだ幼い2人の子を残…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]