伊集院静「ミチクサ先生」(132)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/1/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

子規は故郷松山を出て初めて上京する折、みっつの望みを立てた。

「ほう、それはどんな望みだね?」

金之助は愛宕山の階段を登り切って、子規の顔を興味深げに見た。

「ひとつは必ず上京することじゃった。これはもうかなえた」

「ふたつめは何だね?」

「いつか異国へいくことじゃ。あしは、この世界がどんなところかを見てみたいんじゃ」

「うん、それは同感だね。私もこの先、英文学を学ぶのなら、いずれイギリスへ行かなければと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]