光ファイバー回線とは 通信の基幹インフラ
きょうのことば

2020/1/21付
保存
共有
印刷
その他

▼光ファイバー回線 細いガラスの繊維でできた通信ケーブルで、データを光信号に変えて送る。銅の電線に比べてデータを伝える速度が速く、一度に送れるデータ量も多い。信号の損失が少ないので長距離伝送が可能で、通信会社の回線から企業内のネットワークなどで広く使われる。

2019年9月末の国内の光回線サービスの契約数は3234万件。NTT東日本・西日本のほか、KDDIや関西電力系のオプテージも提供している。…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]