/

この記事は会員限定です

物言う株主と企業(上) 経営改善への実効性向上

宮島英昭 早稲田大学教授 鈴木一功 早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○00年代には公開要求が多く成功確率低い
○再び活発化した13年以降は非公開型増加
○経営陣は多様化した機関投資家と対話を

安倍政権による企業統治改革の進展とともに、経営改善に向けた株主と企業の対話(エンゲージメント)が注目されている。

並行してアクティビストファンドの活動も目立ち始めた。一般には、株主提案や意見公表などの公開ルートを通じて企業経営に関与する「物言う株主」の側面が注目されがちだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2587文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン