AI、人間の敵ではない
鶴光太郎 慶大教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2020/1/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○AIが雇用を奪うという悲観論がまん延
○ロボットの影響も産業や労働者で異なる
○現実のデータによる実証分析を待つべき

2020年代の幕開けに立ち、今後10年間の経済を展望すると、新たな技術の影響は計り知れないほど大きい。英エコノミスト誌(19年12月21日号)が指摘するように、「テクノ・ペシミズム」と呼ばれる悲観論が根強いことも確かだ。その典型が、人工知能(AI)により人間の雇用が奪われてし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]