大学改革の迷走 佐藤郁哉著 「ごっこ」にエネルギー空費

読書
2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学入試改革の目玉とされた英語の民間試験、国語・数学の記述式の導入が見送りになった。堤防に穴があくとそこから大量の水が出てくるように、大学現場では、仕方がないと受け入れ気味だった大学改革に対して、疑問の声が噴出しはじめている。

1990年代からはじまった大学改革は、大学人を既得権者とすることで、現場の意見を聴取し、くみ上げることをせず、上からの改革政策を次々と現場に降ろしてきた。そして、どの程度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]