/

この記事は会員限定です

禅に通じるボードゲーム 住職が説く魅力と楽しみ

世界のアナログな遊びを取材・紹介 小野卓也

[有料会員限定]

私の名刺は表面の肩書が山形県長井市の曹洞宗洞松寺・住職。裏返すとダイスのデザインが躍るボードゲームジャーナリスト用の名刺になる。世界各地のゲーム制作者やライターとの交流には、こちらを使っている。

デジタルゲームに対して、卓上で遊ぶアナログゲームはボードゲームと呼ばれる。日本で人気のある「人生ゲーム」「UNO」などには、子どもの遊びという印象を持たれる方も多いかもしれない。実は世界には、大人が楽しむ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン