春秋

2020/1/17付
保存
共有
印刷
その他

1948年といえば、まだ戦後の混乱期である。この年の6月28日、福井市と周辺は大地震に襲われた。死者3769人。空襲の傷痕が残る市内は烈震の追い打ちをくらい、8割以上の家屋が全壊したといわれる。気象庁が震度階に「7」を設けたのはその翌年だった。

▼究極の揺れを想定した震度7(激震)だが、新設から46年間も適用されることなく歳月が流れた。流れを断ち切ったのは、25年前のきょう起きた阪神大震災である。…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]