「共有」が開く温かい世界
SmartTimes PwCコンサルティングパートナー 野口功一氏

コラム(ビジネス)
2020/1/17付
保存
共有
印刷
その他

ここ数年、シェアハウスやライドシェアをはじめ、モノやサービスを共有する概念が新しいビジネスを生み出している。使っていないモノや人の空いている時間は「無駄」とされていたが、それがお金を生み出すのである。しかもテクノロジーによって個人間取引が容易になり、瞬く間に世界に広げることもできる。

従来の基本的な経済の考え方である「所有」を百八十度転換した考えで新しい価値が生み出される社会的インパクトの大きさ…

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

 
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]