マイゴルフ

フォローする

中2でツアー初挑戦 予選落ち、プロの洗礼
浅地洋佑(2)

2020/1/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

杉並学院中2年に進級した2007年、石川遼先輩が杉並学院高校に入学。5月にツアー史上最年少優勝の快挙を達成した。その影響だろう。東海クラシック(9月)のマンデー予選挑戦の機会が巡ってきた。

吉岡監督に「どうせダメだろうけど、一度経験してこいよ」と言われ参加したら66で回り、アマの部(2人枠)1位でツアー初出場を果たした。初日は緊張しながら一時2アンダーでトップに立つなど、3オーバーの74で回って…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
アドレスは目標に対してスタンスをオープンにする

 バンカーショットは、アプローチと違ってクラブを地面にソールできない。ボールの下の状況がどうなっているかよくわからないから難しい。気をつけたいのは、トップしないこと。グリーン奥への「ホームラン」が一番 …続き (4/3)

上半身だけでクラブを振る

 アプローチでは59度のサンドウエッジを基本に52度、48度、ピッチングウエッジと4本のウエッジを使う。ピッチエンドランで足を使って転がすことが多いのは、そのほうがチップインする確率が高いからだ。状況 …続き (3/27)

しっかり振るとスピンコントロールしやすい

 僕にとって、アイアンの距離感は「距離勘」。感覚というより、自分の中の勘を大切にしてショットしている。160ヤード飛ぶクラブを持って、ピンまで155ヤードなら「155ヤードしか飛ばない」と脳から指令を …続き (3/20)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]