/

この記事は会員限定です

阪神大震災 25年の教訓は

河田恵昭氏/岡本全勝氏/加藤孝明氏/丸谷浩明氏

[有料会員限定]

6400人を超える犠牲者を出した阪神大震災から17日で25年になる。この震災は都市のもろさを浮かび上がらせ、日本の防災を大きく変えた。その教訓は生かされているのか。次に備えるべき巨大災害は何か。市民や企業、行政にはどんな意識が必要なのか。考えてみる。

◇ ◇ ◇

損失最小化へ「縮災」不可欠 関西大学社会安全研究センター長 河田恵昭氏

阪神大震災はそれまでの防災の常識を覆した。1923年の関東大震災で延焼火災が被害を広げたため、地震対策といえば「火を消せ」が標語になった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3831文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン