阪神大震災 25年の教訓は
河田恵昭氏/岡本全勝氏/加藤孝明氏/丸谷浩明氏

阪神大震災25年
久保田 啓介
斉藤 徹弥
時論・創論・複眼
2020/1/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

6400人を超える犠牲者を出した阪神大震災から17日で25年になる。この震災は都市のもろさを浮かび上がらせ、日本の防災を大きく変えた。その教訓は生かされているのか。次に備えるべき巨大災害は何か。市民や企業、行政にはどんな意識が必要なのか。考えてみる。

◇ ◇ ◇

■損失最小化へ「縮災」不可欠 関西大学社会安全研究センター長 河田恵昭氏

阪神大震災はそれまでの防災の常識を覆した。1923年の関東大震災…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]