伊集院静「ミチクサ先生」(124)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/1/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「金之助君、ここは少し寒(さぶ)いぞな。あそこに丁度(ちょうど)、屋台の蕎麦(そば)屋があるけえ。あそこで続きを話さんかね」

「私は少しも寒くはないよ」

「そ、そりゃ、そうじゃろうな。けどあしは医者から風邪を引いてはいかんと言われとるけえ」

「そ、そうだね。そのことをすっかり忘れていたよ。私が奢(おご)ります」

「す、すまんのう」

二人は屋台の蕎麦をかき込んだ

「いや主人、ここの蕎麦はえらい美味(うま)いの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]