/

この記事は会員限定です

国産万年筆 磨きをかけた書き味の歴史

人に合わせて成長する筆記具に職人技 小池淳一

[有料会員限定]

日本語ではひらがな、カタカナ、漢字、さらにローマ字など様々な文字を使う。だから日本の万年筆のペン先はあらゆる文字に対応し、細字を書くのに向く。日本の技術が進み、蒔絵(まきえ)を施した万年筆も登場した。1930年にロンドンで開かれた海軍軍縮会議でも使用された逸品だ。

私が万年筆について調べ始めたきっかけはモンブランのペンを見たことだ。国産に比べ値段が高く、その違いを探るようになった。

今では国内外の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン