米中関税合戦とは 18年7月から1年超続く
きょうのことば

経済
2020/1/15付
保存
共有
印刷
その他

▼米中関税合戦 米国は中国による知的財産権侵害に対する制裁措置で、2018年7月に産業機械など340億ドル(約3兆8千億円)相当の中国製品に25%の関税を上乗せした。中国も大豆などの米国製品に報復関税をかけた。この「第1弾」が1年以上にわたって続く米中関税合戦の始まりになった。

18年8月には第2弾として、米国が半導体など輸入規模が160億ドル相当の品目に25%の追加関税を発動し、中国は古紙などに25%の関税を上乗せする形で応酬した。9月にはさらに第3弾として家電にも対象が広がった。19年9月の第4弾で米国は当初想定した品目すべてではなく、一部(約1100億ドル)を対象に15%の対中関税を上乗せした。

対立は先鋭化していたが、19年12月に米国は予定していた追加関税の発動を見送った。米中の「第1段階の合意」を経て、19年9月に発動した追加関税も15%から7.5%に税率を下げる見通しだ。11月の米大統領選で再選を狙うトランプ大統領と、疲弊する国内経済に危機感を抱く習近平(シー・ジンピン)指導部の思惑が一致した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]