伊集院静「ミチクサ先生」(123)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/1/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

金之助はぽつぽつと、女性に逢ってからの事の次第を話しはじめた。

「彼女も、私のことを覚えていてくれたんだよ……」

「通じおうてたんじゃのう」

「そうだね。何度か、私と目が合ったと言ってくれました」

「ええ話じゃのう」

「一高の制服がとてもまぶしかったとも言ってくれた」

「そいか、そりゃ本物じゃな」

「しかし……」

そこまで言って金之助は声を詰まらせた。子規は袴(はかま)に吊(つる)した手拭いを抜き、手渡した。…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]