ナウシカ考 赤坂憲雄著 迷宮 人類学の知見から探訪

読書
2020/1/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宮崎駿は1980年代以降、国民的なアニメ監督となっていくが、それと並行して漫画版の『風の谷のナウシカ』を82年から94年にかけて描き続けた。それは宮崎のヴィジョンが幾重にも折り畳まれ、ときに黒々とした魔性すら帯びる予言的な漫画である。宮崎を子ども向けのアニメ作家に限定できないのは、この異様な作品があるからだ。

著者はその魔力にやられた一人として、『ナウシカ』の謎を解読し、思想的な問題につなごうと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]