新年の愉しみ十選(6) 歌川広重「冨士三十六景 東都駿河町」
太田記念美術館主幹学芸員 渡邉晃

美の十選
2020/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

正月の駿河町の光景を描く。駿河町の名は、駿河国の富士山を望むことができたことに由来すると言う。画中にも、通りの正面に富士山が見える。画面右の建物は呉服屋の大店であった三井越後屋。「するか町 呉服物品々 越後屋」の看板が掲げられ、通りの奥まで暖簾(のれん)が続く。この建物が、現在の三井本館のあたりである。

通りを行き交う幾人かの人物は、いずれも正月の門付け芸人たち。一番左が鳥追いで、2人連れの女性…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]