/

この記事は会員限定です

絵馬を求めて神社や寺へ、有田焼から御柱祭まで

土地に息づく文化が浮き彫りに 中島克人

[有料会員限定]

祈願のために、あるいは願いがかなった感謝を込めて、神社やお寺に奉納する絵馬。初詣で願いごとを記した方も多いだろう。

絵馬は古代、生きた馬を神に献じた風習が起源とされる。次第に木馬や土馬で代用されるようになり、やがて絵の馬を奉納するようになった。絵馬の多くが横長の五角形なのは馬舎を表しているからだと聞く。私が集めた絵馬のなかには、上部がはっきりと屋根のかたちをしているものが複数ある。

北海道から沖縄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン