/

この記事は会員限定です

米中第1段階合意をどうみるか(上) 構造改革協議、長期化の公算

渡邊頼純 関西国際大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○中国側は市場化原則と双方向性を重要視
○米中が互いの課題解決に動き出した面も
○日本は中国とのEPA締結提案で先手を

2019年12月13日、制裁と報復のエスカレーションの渦中にあった米中両国は「第1段階の合意」に到達したと発表した。合意を受け、米国は予定していた中国製のスマートフォンやノートパソコンなどに対する15%の関税上乗せ1600億ドル相当の発動を見送った。果たして米中間の貿易紛争は収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン