/

この記事は会員限定です

IT時代の競争政策 「合併承認、3社まで」に正当性

伊神満 エール大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○独占企業は技術革新に消極的になりがち
○M&Aの経営判断は戦略的に一層高度化
○独占化による副作用は価値創造を上回る

独占企業に支配された消費者の日常はみじめなものだ。モノの値段が上がりサービスの質が下がっても、その企業から買うほか選択肢はない。せいぜいツイッターで愚痴るしかない。

独占状態に比べると、複数の企業が互いに競争している方が社会全体の幸福度(社会厚生)は高い。よって「競争を促進する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン