IT時代の競争政策 「合併承認、3社まで」に正当性
伊神満 エール大学准教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2020/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○独占企業は技術革新に消極的になりがち
○M&Aの経営判断は戦略的に一層高度化
○独占化による副作用は価値創造を上回る

独占企業に支配された消費者の日常はみじめなものだ。モノの値段が上がりサービスの質が下がっても、その企業から買うほか選択肢はない。せいぜいツイッターで愚痴るしかない。

独占状態に比べると、複数の企業が互いに競争している方が社会全体の幸福度(社会厚生)は高い。よって「競争を促進す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]