2020年代の針路(5) 生産性向上へ人材最適配置
北尾早霧 東京大学教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2020/1/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○社会保障制度・国債利払い、財政の重荷に
○30~50代の所得と資産の底上げが不可欠
○働く誘因をゆがめる社会保険制度改めよ

日本のマクロ経済と財政を中長期的に展望すると、2020年代の行動が将来の針路を決定づけるといえる。25年には団塊世代が後期高齢者に達し、30年代半ばには団塊ジュニアが高齢期に達する。出生数の減少はとどまる気配がなく、高齢化は30年代以降さらに加速する。20年代に入った今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]