/

クッキーとは ネット閲覧情報、広告にも利用

きょうのことば

▼クッキー いつ、どのサイトを見たかといった履歴や、パスワードなどのログイン情報をためたデータを指す。「Cookie」が正式名称。パソコンやスマホで使うブラウザー(閲覧ソフト)ごとに保存されるため、その端末でネットを見た人の好みや関心を推測して広告を配信することなどに使われる。

一般に広告会社は「サードパーティー・クッキー」と呼ばれる追跡用の共有クッキーを発行し、ユーザーのネット上の行動を捕捉する。広告主企業も広告の精度を高めるために、これを使うケースが多い。クッキーそのものは氏名や住所を含まないが、使う側の企業が他の名簿データなどと組み合わせれば、その人の個人情報を割り出すことも可能とされる。

クッキーから、病歴や趣味など知られたくない情報までたどられてしまうリスクが問題になっていた。このため欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)を皮切りに、世界では「クッキー規制」導入の動きが相次ぐ。個人のプライバシー保護につながる一方、企業にとっては対応のための負担が増す可能性が高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン