/

アメリカ・イラン関係とは 大使館人質事件で亀裂

きょうのことば

▼アメリカ・イラン関係(米イラン関係) 1980年以来、国交を断絶した状態が続く。79年にイランの首都テヘランで学生団が米大使館を占拠して外交官を人質に取り、パーレビ国王の引き渡しを求めた事件が亀裂を決定づけた。人質は444日目に解放されたが、事件は米国人に強い反イラン感情を植え付けた。

イランでは79年に親米のパーレビ王政を倒したイラン革命が成立。イラン指導部は米国を「大悪魔」と呼んできた。イランの対米不信は53年、石油国有化に乗り出したモサデク首相を失脚させたクーデターにさかのぼる。この政権転覆は米中央情報局(CIA)の支援を受けていた。相互不信は根深い。

米国はイランを84年にテロ支援国家に指定。経済制裁を重ねイランを孤立させようとしてきた。イランはロシアや中国に接近する一方、中東のイラクやシリアに自らの影響力を拡大。サウジアラビアなど親米のアラブ諸国の警戒心をかき立てている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン