/

春秋

ひさしぶりにタイを訪れて時代の変化を実感したことのひとつは、紙幣のデザインである。バンコクの銀行窓口などで新たに手にしたお札は、なべてワチラロンコン国王の肖像を配していた。3年あまり前に亡くなったプミポン前国王のお札も、もちろん使えるのだが。

▼世界を見渡してみると、現役の指導者がお札の顔となっている国はさほど多くない。英国と英連邦諸国の一部、ブルネイ、ブータン、サウジアラビア、ヨルダンなど、おおむね君主制の国々である。いうまでもなく我が国では天皇陛下が登場するわけではない。それでも、紙幣のデザインには時代を象徴するところがある。

▼聖徳太子の登場する1万円札が発行されたのは1958年から80年代半ばまで。高度成長のイメージが強い。次いで登場した福沢諭吉は、失礼ながらバブル崩壊後の経済停滞の印象だろうか。気がつけば聖徳太子より長く1万円札の顔をつとめている。4年後に登場する渋沢栄一はまた、新たなイメージをまとうのだろう。

▼もっとも、電子決済や電子マネーの広がる勢いを踏まえると、紙のお札がいつまで時代を象徴していられるのだろう、とも思う。外国人旅行者にはいまひとつピンとこなかったが、バンコク暮らしの長い知人によればタイではキャッシュレス化が急速に進んでいる。「時代の変化はむしろそこに鮮明だよ」とのことである。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン