ラグビー

前NZ代表主将リード「トヨタに経験伝える」
ラグビートップリーグ12日開幕

2020/1/3付
保存
共有
印刷
その他

W杯で名勝負を繰り広げた海外のスターが、大挙してトップリーグにやってきた。一番のビッグネームが、ニュージーランド(NZ)代表の主将を務めたキアラン・リード。初優勝を目指すトヨタ自動車に加わり、自身の経験を惜しみなく伝えている。

前ニュージーランド代表主将のリードがトップリーグに参戦する

前ニュージーランド代表主将のリードがトップリーグに参戦する

常勝を義務付けられた「ラグビー王国」で主将を務めた回数は、歴代2位の52試合に上る。代表引退を決めて臨んだ今回のW杯こそ3位で終えたが、任期中は抜群の勝率を誇った。NZの主将としては「常に自分らしくいること、規律を守り、誰に対しても正直に話すことを心がけていた」と強調する。

FWの核となるナンバー8としても、世界屈指の実力者。正確なタックルに強力な突進、運動量にも優れた万能型として、2011、15年のW杯連覇に貢献した。今大会の準決勝でイングランドに敗れたのは、リードがふくらはぎの故障を抱えて本調子でなかったことも響いていた。

加入の効果は徐々に出始めているようだ。姫野和樹主将は「リードは(プレーの)小さいところを大事にするし、コミュニケーション能力が高い」と舌を巻く。

リードも経験を出し惜しみするつもりはない。「まずはトヨタで自分のポジションを獲得することが大事」と話しつつも、「リーダーシップなどの経験を(主将の)姫野らに伝えたい」と意気込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 英紙デーリーメール(電子版)は2日、ラグビーで2度の世界年間最優秀選手に輝いたニュージーランド代表のスター選手、バックスのボーデン・バレットが日本のトップリーグ(TL)のサントリーに加入することで合 …続き (2日 23:52)

 日本ラグビー協会がトップリーグ(TL)に代わって設立する新リーグの法人準備室室長の谷口真由美理事は1日、オンラインで合同取材に応じ、現在のTL全16チーム、下部トップチャレンジリーグ全8チーム、地域 …続き (1日 20:16)

 【ロンドン=共同】国際統括団体のワールドラグビー(WR)は30日、新型コロナウイルス感染拡大で未開催だった2019~20年シーズンの7人制ワールドシリーズ(WS)の残り試合を中止すると発表した。これ …続き (30日 20:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]