貧困の現状と対策(下) 労働巡る負の連鎖 断ち切れ
小原美紀 大阪大学教授

2019/12/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○働く者の中での格差の拡大が日本の特徴
○親が非正規だと子供も非正規なりやすく
○子供の医療や高等教育への補助の拡充を

日本の世帯間格差は2000年代後半まで緩やかに拡大した後、高止まりしている。18年の経済協力開発機構(OECD)統計によれば、他の先進諸国でも同じ傾向にある。先進国の格差拡大の背景には高齢化の進展がある。加齢とともに世帯間格差は通常拡大するので、高齢者が増えれば社会全体の格差…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]