暗号資産の安定性(下) 構造面の不安、払拭できず
野田俊也 ブリティッシュコロンビア大学助教授

2019/12/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○欠陥修復も投票で決める分散台帳の弱点
○参加者間の利害調整が不安定性の一因に
○通貨より電子契約の基盤となる可能性も

貨幣を国家から解放する――。暗号資産という何者にも統治されない国家から解放された「通貨」の可能性は、多くの技術者、研究者や企業家を魅了した。その可能性はいまだに潰(つい)えてはおらず、先駆けであるビットコインはもう10年以上もの間、致命的な破綻をきたすことなく価値を保ち続けて…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]