/

この記事は会員限定です

澤部肇(25)社長を退く

速い変化、ついていけず 後任選ぶ責任 最後の教育

[有料会員限定]

記録メディア事業からの撤退に絡んで2005年の3月にルクセンブルクの工場閉鎖を経営会議で議論したとき、ハンガリーの電子部品製造機能を移管してルクセンブルクは残した方がいいのではないかという意見が出た。しかし人件費はハンガリーのほうが安く、理にかなわない。

ルクセンブルクは私がかつて自分で立ち上げ、大切に思っているところだと皆が知っていた。その縁で、日本の名誉総領事も務めている。そこをおもんぱかっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

澤部肇

TDK元会長の澤部肇さんは1964年に入社。70年代にTDKが音楽用カセットテープで世界を席巻していく歩みは、澤部さんにとってもまた成長の日々でした。6代目社長に就任したのは98年。ITバブルの崩壊で多くの人員削減に取り組むなど、苦しんだ末に業績のV字回復を成し遂げます。一社員として、経営者として会社を動かす醍醐味と難しさをつづります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン