イノベーションへの課題(下) 官民のコスト負担 再設計を
清水洋 早稲田大学教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2019/12/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○日本企業の収益性は設立年数と強く関連
○米国企業に比べビジネスの硬直性も高い
○社会的な関連コストを日本は企業が負担

イノベーションは「創造的破壊」といわれる。経済成長や企業の競争力の源泉の一つであるため、その創造的な側面に焦点が当てられてきた。しかしイノベーションにより破壊され陳腐化するタスク(業務)やビジネスもある。イノベーションを持続的に生み出していくためには、創造的な側面と破壊的な側…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]