93歳歓喜のタクト、ベートーヴェン交響曲第2番
アマチュア指揮者、70周年公演へ 井手章夫

カバーストーリー
2019/12/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年1月に93歳になる私は、指揮者活動の70周年を記念する演奏会を開いてもらうことになった。1月9日、大阪交響楽団との夢のような舞台が実現する。それも落語家の桂米団治くんの妻が私のめいというご縁から。私が教職の傍ら長年アマチュアオーケストラの指揮者をしていたことを知って、大のクラシックファンの米団治くんが企画してくれたのだ。

ベートーヴェン生誕250年にあたり、初めて指揮棒を握った交響曲第…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]