イノベーションへの課題(中) 「21世紀型」、知識の蓄積が源泉
宮川努 学習院大学教授

2019/12/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○情報サービス業の研究開発効率性は低い
○IT化や人材教育は収益源確保への投資
○技術水準回復へ知識資産の発掘と蓄積を

2019年は平成から令和に改元され、新しい時代への期待が膨らんだ。しかし平成の30年間を経済面から振り返ると、残念な風景が浮かび上がる。経済規模では米国や中国と大きな差がつき、1人当たり国内総生産(GDP)は先進国の中で下位に甘んじる。アベノミクスの効果で経済が復調したように…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]