ディズニー、ネット動画へ 人気沸騰も10年の遅れ課題に
先読みウェブワールド (藤村厚夫氏)

2019/12/23付
保存
共有
印刷
その他

米ウォルト・ディズニーがついに11月、消費者に映像作品を直接届けるインターネット動画サービス「ディズニー+(プラス)」を始めた。視聴できるのは「アナと雪の女王」や「美女と野獣」といったディズニー作品はもちろん、「アベンジャーズ」や「トイストーリー」「スター・ウォーズ」と傘下の大ヒット作品が勢ぞろいだ。月額7ドル弱(約760円)で見放題と魅力は十分だ。

1年以上前からサービスを予告し期待をあおった…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]