/

この記事は会員限定です

イノベーションへの課題(上) 「破壊的」戦略 再び追求を

クレイトン・クリステンセン ハーバード大学教授 エフォサ・オジョモ クリステンセン研究所上級研究員

[有料会員限定]
ポイント
○日本企業はイノベーターのジレンマ直面
○80年代以降は持続的イノベーション偏重
○主流事業と価値基準違う独立組織設けよ

日本の大企業は、人工知能(AI)などの分野で米国や中国の企業になかなか対抗できないでいる。「破壊的イノベーション(技術革新)」への投資に及び腰で「イノベーターのジレンマ」に直面しているようにみえる。どうすればこのジレンマを打破し、革新的な技術、製品、サービスを生み出せるのだろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン