/

この記事は会員限定です

澤部肇(19)ヘッド事業部

技術のスピード感に驚く 個人の力重視 士気高まる

[有料会員限定]

磁気ヘッドは様々な記憶媒体のデータを読み取る精密部品で、中でもパソコンのハードディスクに使うヘッドが伸びていた。事業部は国内で基幹部分のウエハーを製造し、それを香港のSAEという子会社で最終製品に組み立てる体制であった。

担当役員になって驚いたのはスピード感だ。他の部門では1億円の設備廃棄でも稟議(りんぎ)書による決裁が必要なのに、ヘッドでは十数億円の設備を廃棄して新しいものを買う権限が事業部に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

澤部肇

TDK元会長の澤部肇さんは1964年に入社。70年代にTDKが音楽用カセットテープで世界を席巻していく歩みは、澤部さんにとってもまた成長の日々でした。6代目社長に就任したのは98年。ITバブルの崩壊で多くの人員削減に取り組むなど、苦しんだ末に業績のV字回復を成し遂げます。一社員として、経営者として会社を動かす醍醐味と難しさをつづります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン