阿蘇に響いた米国の心 カントリーフェス30年
自然の中で音楽による出会い チャーリー永谷

カバーストーリー
2019/12/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

毎年10月第3日曜、その日はファンの間で「約束の日」と呼ばれた。1989年に始めたカントリーミュージック野外フェス「カントリーゴールド」が今秋、幕を閉じた。ビル・モンローにロジャー・ミラー、マーティ・スチュアートら本場米国からアーティストを招き、熊本・南阿蘇の自然の中で音楽に浸る。あの素晴らしい日を31年も続けられたことを、多くの方に心から感謝したい。

30年続いたカントリーのフェスは、世界的に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]