製鉄マン作家を鍛えた職場、同僚の小説読んだ日々
北九州企業の社内報が育んだ文芸 波佐間義之

カバーストーリー
2019/12/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

私はかつて八幡製鉄所(北九州市)に勤め社内の広報紙や組合誌に小説を書いていた。文芸欄を持つ社員向けに発行した紙誌を「職場雑誌」と総称する。北九州で盛んだった職場雑誌は豊かな文芸の土壌と、多くの「職場作家」を生み出した。

同所を2002年に退職した私は現在、文芸同人誌の発行人を務めているが、職場雑誌に関わった当事者が少なくなる中でその記憶を語り継いでいる。もう社内報で文芸欄は見なくなり、伝統的な紙…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]