脱・株主至上主義の行方(中) 資本主義・企業の多様性重視
広田真一 早稲田大学教授

2019/12/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○株主利益の最大化を最優先する国は少数
○資本主義の形は利益率や雇用実態に反映
○会社の役割は資本主義の形や文化と関連

2019年8月、米主要企業の経営者団体、ビジネス・ラウンドテーブルは、従来の「株主第一主義」を見直し、会社が幅広いステークホルダー(利害関係者)に配慮した経営をすることを推奨する声明を出した。

声明では会社の目的を顧客、従業員、取引先、地域社会、長期の株主といったステークホル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド