/

この記事は会員限定です

技術革新と生殖倫理 新時代の母子関係問う

性と社会的性差の諸相描く 回顧2019文学

[有料会員限定]

人工知能(AI)が人間の能力を超えるシンギュラリティー(技術的特異点)をめぐる議論が人間の生き方を問うことにつながるように、科学技術の進歩は哲学的な問いをもたらす。川上未映子「夏物語」(毎日出版文化賞)は新たな技術が生まれる中、生殖倫理をどう考えるべきかという問題に真摯に向き合った。

第2部で主人公の女性は、パートナーを持たない形での出産を考え、非配偶者間人工授精で生まれた男女と出会う。その女性は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン