脱・株主至上主義の行方(上) 企業も環境・格差に配慮必須
ジョージ・セラフェイム ハーバード大学教授

2019/12/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○対極的な資本主義の日米が正反対の動き
○企業も投資家もESG戦略が収益性左右
○株主資本主義と公益資本主義の両立重要

世界中の人々が資本主義システムの改革を要求している。米国内の対立激化、英国の欧州連合(EU)離脱、フランスでの抗議運動、欧州各国での極左・極右政党の台頭はその表れだ。

過去数十年で経済は驚異的な成長を遂げたが、成長の恩恵が全員に行き渡ったわけではない。米国でも欧州でも大半は期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]