赤い髪の女 オルハン・パムク著 現実と虚構の往還 鮮やかに

2019/12/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1980年代から現代まで急激に変貌するイスタンブルを背景に、作家を志しながら地質調査技師となり、さらに建設業者として身を立てる主人公ジェムの人生が綴(つづ)られる。物語の核心は「父」「息子」「妻/母」の三角関係だ。ジェムが高校1年のとき、父親が失踪する。父は政治活動をしており、以前にその関係で警察に勾留されたが、今回はどうやら女性関係のようだ。しかし、詳しいことはわからない。母の態度からそう察し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]