/

この記事は会員限定です

医療制度改革の視点(上) 病院は「健康拠点」目指せ

伊藤由希子 津田塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○病院の再編より急性期医療の再編が必要
○地域の持続性なくして病院の持続性なし
○再編のために投資する発想から脱却せよ

2019年9月26日、厚生労働省の「地域医療構想に関するワーキンググループ(第24回)」は医療提供体制の「再検証要請対象」424病院を含む、公立・公的医療機関1455病院の情報を公表した。地域医療構想に向けた情報は既に何度も地域(構想区域)別には示されてきたが、具体的な議論が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン